フィッシング演習はPhish Insightで簡単に実施できます。
私たちはテストが簡単に設定されスケジュールされることで時間が短縮できると確信しています。
直感的なメニューとステップバイステップのガイドがトレーニングの時間を節約し、専門外の人でもシステムを使えるようにしています。
ソフトウェアのインストールは必要ありません。
Phish InsightはSaaS型のフィッシングアウェアネスツールです。Phish Insightでは特別なソフトウェアは必要ありません。標準的なウェブブラウザからアクセスできます。
フィッシングメールテンプレートライブラリ
テストの作成から難しさを取り除きました。デザイン済みのテンプレートを使い、数分で実行できます。すべてのテンプレートは必要に応じてカスタマイズできます。テンプレートには、Amazonクーポンや、Facebookのログインアラート、LinkedInのつながりリクエスト通知、もしくは社内の報奨プログラムなどのような個人のメールやビジネスアカウントのメールがあります。そして、ご心配ありません。テンプレートは実際の攻撃を模倣してデザインされているだけで、危険はありません。
すべてのテンプレートをカスタマイズ可能です。
私たちが提供するテンプレートを変更し、あなたのフィッシング演習にあった形にカスタマイズすることができます。さらには一般に知られた情報を用いたり、個人の情報を流用可能なデータフィールドを用いたりして、特定人物を狙ったスピアフィッシングのキャンペーンを作ることも可能です。
カスタマイズされたなりすまし送信者
差出人の名前とメールアドレスを編集することができます。シナリオに合わせた名前とメールアドレスを使うことができます。
受信者アラートオプション
キャンペーンにおける受信者への通知を、"キャンペーンが終わった時に受信"、"騙された時に受信"のどちらのタイミングで行うか設定できます。通知しないという選択も可能です。
リアルタイム ダッシュボード
誰がメールからクリックしたのか、どのOSを使っているのか、ブラウザとそのバージョンなどを正確に知ることができます。レポートでは添付ファイルを開封したかどうかや、重要な情報をランディングページ上で入力したかどうかも追跡しています。レポートデータはCSVファイルにダウンロード可能で、個々のユーザ単位で提供可能です。Phish Insightは社員の傾向や進歩をビジュアル化されたダッシュボードとレポートとともに簡単に測定、実証します。
私たちは無償でサービスを提供しますが、これは安全ではないという意味ではありません!
Phish Insightは安全なデータセンターでホスティングしています。お客様のデータの安全は私たちの最優先事項です。
また、アカウント保護のために2つの方法があります。
DNS TXT レコード認証
すべてのPhish Insightアカウントはここに独自のDNS TXTキーを持っています。Phish Insightによる演習攻撃を有効にするには、アカウントに関連付けられたTXTキーが、演習メール受信者の電子メールドメインのDNSサーバ上に登録されていなければなりません。フィッシング演習を開始すると、Phish Insightはキャンペーンメール受信者のドメインサーバに確認を取ります。そこでもし登録されたTXT情報が見つかれば、Phish Insightはフィッシング演習メールの送信を行います。
SMS による確認
キャンペーンの設定を終了した段階で、フィッシング演習開始の準備が整うと、Phish InsightはSMSメッセージにて認証コードを送付します。この認証コードが正しく入力された時だけキャンペーンを有効化できます。
さらにスマートで最適な電子メールのセキュリティソリューションを見る
Site Safety Center
無償でサービス利用可能です。不審と思われるURLを入力すると、それが安全なものかどうかをチェックすることができます。
サイトにアクセス
電子メールセキュリティソリューション
トレンドマイクロは XGen™ security として、各世代の脅威防御を最も先進的に融合させた技術を用い、より多くのフィッシングメールやマルウェアに実証された方法で対応します。
サイトにアクセス